アートはビジネスではないけれど。ビジネスはアートに似ている

「武器になる知的教養 西洋美術鑑賞」というタイトルから、数多ある西洋美術のガイド本と侮って読み進めていたらこれは違う。わかりやすく美術史の流れをつかめるように解説しているところはよくある本と同じように一見みえるが、例えば最終章(4章)のこんな表現一つで、それが単に表面的な解説・画の見方でないことはよくわかる。

絵画の鑑賞法として、よく「感じたままに感性で観ればいい」という人がいます。もちろん、何の予備知識もなく偶然出合った絵に、心を打たれるような体験をする人もいるでしょうが、多くの場合、何の予備知識もなければ「何をかんじていいのかもくわからない」状態になるはずです。/「感性の趣くまま観る」といった鑑賞の仕方は日本特有のもので、日本美術の歴史とも深く関わっています。明治の文明開化以降のことでした。その頃の西洋美術は、「印象派」全盛の時代でした。印象派の作品は、理屈抜きで純粋に目の娯楽として楽しめます。
  神話や古典を基盤とした従来のアカデミズム絵画は、鑑賞するにあたって高度な教養が求められていましたが、印象派の絵を見る際に、専門的な知識・教養はさほど必要ではありません
  多くの人は幸か不幸か、印象派の作品が西洋絵画を代表するものとすり込まれてしまいました。以来「アートは感じたままに観ればいい」となってしまい、本来知識や教養が必要のはずの西洋美術に馴染めなくなってしまったようです。

ヨーロッパの美術は文字の読めない人にも聖書の逸話やキリスト教の教えを伝えるための重要なツールでもあったのですが、それはただ観ればいいというだけの話ではなく、その西欧の土壌の中で暮らしているならばともかく、歴史の流れや宗教性が違えばそこには教養とはいかないまでも、ある種の情報がないとついていけない。
だから美術館では音声ガイドが大活躍するし、知識ゼロからでもわかる美術の本はたくさん出ているのだ。
では、美術鑑賞、絵を見るためにウンチクが必要なのか?
答えは、難しいことはとくに(絶対に)必要ないが、今の時代を生き延びていくためには、美術を鑑賞できる、絵を観ることができることは、けっこう大事な人間の感性なのだ。
この「武器になる知的教養 西洋美術鑑賞」のプロローグでも書かれているように、

欧米では今、ビジネスシーンでアートが注目されています。アートに親しんだ起業家が次々と社会的な成功を収めています

そして「アートはビジネスではないけれど。ビジネスはアートに似ている」という。著者は現・東京藝術大学大学美術館の館長で、これまで瀬戸内のベネッセアートサイト直島のアーティスティック・ディレクターや地中美術館や金沢21世紀美術館の館長を歴任したつわものだった。ルネサンス期から現代美術の作家の鑑賞眼をガイドしてくれる極めて基本的な解説だが持っておいて損はない基本の一冊だ。

武器になる知的教養 西洋美術鑑賞

秋元雄史(大和書房)¥1,728/2018年10月発売

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です