アマゾン半魚人と独身女のいびつに美しい恋のカタチ

 

国家の機密情報として捕らえられた半魚人と

声を無くした40代の独身女性の

歪(いびつ)に曲がった美しい恋の形。

時は米ソ冷戦時代。戦勝国アメリカが世界的に強さを誇った50・60年代。そんな時代に、未開の地で発見されたものが気持ち悪いほどの半魚人であっても、核兵器開発や宇宙探査競争と同じく、そんな未知の生命体の情報の占有で、ソ連よりもリードすることは極めて重要だった。(当時の宇宙人やUFO情報と同じだ)

国家の海洋情報研究所で働く名もなき掃除婦(言葉が話せない・40代独身女性・密かに妄想的自慰癖)は、捕らえられた半魚人となぜか気が合い、やがて惹かれ合い、激しい恋に落ちる。

それは実に歪(いびつ)で、痛さとカッコ悪さを伴ないながら、流れるように美しい展開だ。
その歪(いびつ)さと不恰好さはきっと、今この現実世界を生きる私たちに鮮烈に、そして虚構を伴った強烈なリアリティとして突き刺さって来ることだろう。

妻・子供、キャデラック、憧れのアメリカンな家族。そしてきっと最後に残忍に殺されてしまうだろう(と思われるほど強烈な)大悪人。

映像の中で作られた現実は実に素晴らしい。その構築されたフィクションの中のリアリティを、本編2時間の間、存分に味わってその世界で他人の人生を体感して欲しい。

創造された虚構世界の”手に汗握る”究極のリアリティ、それが映画だ。

「シェイプ・オブ・ウォーター」は、そんな映画的リアルな世界の中で、存分に大鉈を振り切った映画監督ギルレモ・デル・トロの傑作である。

Sally Hawkins and Octavia Spencer in the film THE SHAPE OF WATER. Photo courtesy of Fox Searchlight Pictures.

© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

シェイプ・オブ・ウォーター 大ヒット上映中!

監督:ギルレモ・デル・トロ 出演:サリー・ホーキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、マイケル・スターグバーグ、オクタヴィア・スペンサー他    (2017年 アメリカ・20世紀フォックス)

 

2017年ヴェネチア国際映画賞金獅子賞。東京国際映画祭でも特別招待作品として先行上映されたが、僕はその機会に見ることが出来ず、マスコミ試写でも予定が合わず、日本公開二日目に見ることが出来た。

デル・トロが幼少期に見た1954年のアメリカ映画「大アマゾンの半魚人」が元ネタになっている。

そのネタ元と合わせて鑑賞すれば味わいは倍増するかもしれない。

合わせ見るのであれば、主演の声を無くした40前後の独身掃除婦を演じた女優サリー・ホーキンスが主演するもう一つの作品。同時期に日本で公開されている

しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス」だ。

この映画でサリーは、子供のような無垢で可愛く愛らしい素朴派画家としてカナダで有名なモード・ルイスを演じている。

生まれつき体が不自由で、電気も水道もない貧困の生活の中で暮らす彼女。この映画の中の恋愛も、やはり歪(いびつ)である。

映画の作りも世界観もまったく違うが、演ずるサリー・ホーキンスは同じ。

ハンディキャップや社会的マイノリティなど同じように受け取ることもできるが、役柄や演技の組み立ては全然違う。

しかしそれが演じる役者の個性から、まるで地続きのように双方の映画世界に響きあう。また、これも役者の力、映画の力なのである。

 

「しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス」

監督:アシュリング・ウォルシュ 出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク

2016年カナダ・アイルランド 配給:松竹  3月3日(土)より

新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇にて全国ロードショー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です